学院理念

教育は文化を熟成する―

下関福祉専門学校
〜あらゆる人々の人生に優秀賞を贈りたい〜

 努力・礼節・奉仕の三信条のもとに、人に信頼され、且つ人を愛し、人を信頼する介護福祉士を育成。技能実習は少人数制でないと身につかないという確信から、介護技術などの実習授業は、20人以下のクラス編成で行い、徹底した専門教育と実技指導により、各種の福祉のニーズに対応できる介護福祉士を養成します。
 

下関文化産業専門学校
〜ひと針ひと針縫いあげるよう確実な実践教育の場〜

 深い技術と豊かな教養を修め、世に役立つ人材の養成を目的とし努力・礼節・奉仕を校訓とし、実社会に即戦力となるスペシャリストの育成を目指して開学。ビジネスOA教育から、福祉幼児教育(社会福祉)、ファッション(洋裁・和裁)まで、徹底した専門教育が自慢の少人数制の総合専門学校です。
 

立修館高等専修学校
〜可能性を秘めた人材を世界のステージへ〜

 校名は、中国の古典「孟子」の「殀寿貳はず、身を修めて以てこれを俟つは、命を立てる所以なり」から採っており、専門の技術を生かし、「地の塩」として地域社会、家庭の人としての活躍できる人材を養成することが建学の精神です。1クラスが10〜20人の少人数制で、福祉科、経理情報科、高等科(洋裁・和裁)の各学科があり、中学校卒業以上が対象で高校からの編入学も可能です。
 


ごあいさつ


学校法人 下関学院 学院長 関谷 慶子

 本校が70周年を迎えることができましたのも、皆様方の御支援・御指導のお陰だと、心より感謝申し上げます。

 下関文化産業専門学校は総合専門学校で、ビジネスIT教育から、福祉幼児教育、ファッションまで少人数制の学校です。下関馬関祭でヤングのファッションショーやシルバーファッションショーを開催。また技能五輪全国大会に山口県代表として毎年出場し、上位に入賞しており、平成18年大会では、洋裁が金賞(日本一)になっております。
 立修館高等専修学校は、中学卒や高校中退者が対象で、KRYの熱血テレビでユニークな学校として紹介され、高校からの編入学もでき、高校卒業資格と各種専門資格が取得できます。大正琴部は、山口きらら博覧会で演奏し、NHKテレビにも出演しました。

 下関福祉専門学校は介護福祉士養成校で、技能実習授業は20人以下のクラス編成で行っており、創立以来、就職希望者の全員就職を続けております。ボランティア活動では各所で好評を得ております。

 徹底した少人数教育と地域に役立つ学校づくり、やさしい心の人材教育に努力していきたいと念じております。